利恵は目を大きく丸め、持っていたビールグラスを置いた。
「まあ、わたしもトキさんにそれをやられて、友哉さんが好きなのかもしれないけど」
「未来の世界の惚れ薬みたいなの?」
「うーん、なんかよく分からないんだ。仲介手数料みたいな説明もあるし」
「なによ、それ」
 利恵が肩を落としながら力なく笑った。ゆう子の冗談だと思ったのだ。
「マリーって名前なんだけど、友哉さんに与えたガーナラって薬物とセットの光みたい。