「へー、わかった。聞いてみるね」
 ゆう子が通信すると、すぐに「今度はなに」と、またやる気のない声が聞こえる。
「疲れてるのにごめんね。なんで利恵ちゃんには光を使った避妊はしないの?」
「トキから確実に避妊できるって言われていたけど不安だったからね。でもゆう子が妊娠する気配はないから、利恵にもしているよ」
「あ、こっそりしていたのか。ん? わたしで試した?」
「普通のピルでも最初は半信半疑だろ。光での避妊もゆう子をモルモットにしている最中。利恵にはそう言っておいて」