「そんなことができるなら、例の凶悪事件の予測も、ゆう子さんの記憶にしないでデータにすればよかったんじゃないかな」
と言った。
「え? 事件は毎日出てくるからデータ化しなかったと思う。警察に任せればいいようなことを友哉さんにやらせるわけにはいかないし、どうも、ワルシャワ以外は、うちらに関係がある事件くらいしか重要視していないみたい。優先順位で、順番に事件が出てくるんだ。知らない女性がレイプされた事件とか、わたしの記憶にあっても百番目くらいだよ」
「ロスは?」