「松本涼子だ。ひい。本物dots
 利恵が声をあげた。
「どうしたの?」
 ゆう子がモニター越しに涼子に訊いた。
「週刊誌を見たから来ました」
 涼子がとても納得する回答をしたので、ゆう子はエントランスからの扉のロックを解除した。
「次から次へと敵がやってくる」
 ゆう子のセリフは本当に面白いと、利恵は思い、また思わず笑っていた。

                            第十一話 了