「口にするのは恥ずかしいけど、愛でしょ」
「そう。だけど、友哉さんの欠点は気にいった女は、全部愛そうとすることかな」
「それも最悪」
「でも、お母さんの周りにいた男たち。お父さんもそうだったけど、お母さんしか愛してなくて、自滅していったから、まあいいかなって」
「悪女を一人、愛しているよりはリスク回避で何人もいた方がいいと思うよ。わたしは友哉さんにそれをやられるのは嫌だけど、実は昔の男たちに女がいっぱいいたのは、それだったんだよね。