と、恨み節を言った。
「そうなんだ。わたしも迂闊にできない話はあるもんな」
「最初は同情してくれるんだ。でもそれはまさにセックスするためよ。結婚の対象外だ。だから、何回かやったらいなくなっちゃう。まさにお嬢様のような女が現われたら、そっちに乗り換えるわけよ。最悪だよ」
「ゆう子さん、男が好きなのか嫌いなのかどっちなの?」