「おおまかとかいくぶんとかdots。で、その若妻が自殺するんだけど、遺言に、わたしの人生をめちゃくちゃにしたあなたが憎いけど愛してる、愛してるって何行にも渡って書き殴ってあって、でもその字が汚いの。夫は理由が知りたくて霊場に会いに行くんだ。頑張って最後まで読んだよ」
「辛い話だもんね」
「物語は辛くないよ。元カノの話なんか読みたくない」
「元カノかなあ。仮に本当に死んだとして、友哉さん、お墓に通ってる?」
「通ってないよ。そうか、じゃあ違うか。なんか深読みしすぎてるような気がしてきた。だけどさあdots