「結婚の話? 大好きなお父さんと結婚したいって定番のやつね。わたしも小学生の三年くらいまでは言ってたよ。それは聞こえたんだ」
「聞こえたと言うよりも、そんな話をしているんだなって印象なの。パーティーの時もそう。わたしがモジモジしていたら、食べ物を零したの?って友哉さんが覗きこむんだけど、それは印象であって、そう言ったんだって勝手なイメージ」
「年齢的にその女の子、松本涼子って推理にはならない?」