と振り返って言った。晴香が何か言いたそうな顔をしていた。
「回復の仕事なら、お金を渡せばやってくれるみたいだよ」
「そんなめんどうくさいことdots高級交際倶楽部の女じゃないんだから。とてもいい子だし、わたしも友達になったし、皆の命の恩人だし」
 ゆう子が地団太を踏んでいた。利恵を追いかけようとして、なのにその判断ができない。すると、晴香が、