ゆう子はバカにしたようにケラケラ笑った。
「わたしにはとっても適当で、苦労が絶えなくて、こっちにまめができるわ!」
 腹を抱えて笑う勢いでそう言った。
 晴香は何が気に入らないのか見る見るうちに顔色を変え、タクシーに乗ろうとするゆう子の腕をつかんだ。
「賭けましょうか。三十分以内に戻ってくる。戻ってきたら奥原さんはお父さんと別れてよ」
と言った。ゆう子は間髪入れずに、