「本当だって。お金の話ばかりするから」
「三百億円も持っていたら少しは欲しがって当たり前でしょ」
 ゆう子がそう言うと、友哉がくすりと笑った。三百億円に晴香が目を丸めたのを笑ったのだが、それに気づかないゆう子は、
「なにがおかしいの? 早く連れ戻せ」
と言った。命令になっている。ゆう子が怒っているのを見た友哉は、心底困った表情を見せ始めた。晴香は晴香で、