田舎から出てきて、あてもなく都会を彷徨い、上辺だけの恋愛に汚れた。声をかけてくる男たちは自分と同じく平凡で、すぐに愛の言葉を口にし、どの男も必ず「カラオケに行こう」と言い、流行語ばかりで会話を続け、そしていつも媚びた笑顔を見せていた。なのにその男たちとセックス三昧dots
line彼らとまったく違う友哉さんと別れたくない。お金なんか欲しがらなければよかった。今頃になって、同じセックスでも種類が違うような気がしてきた。簡単に『好き』『愛してる』と言わない男性だった。