高校生の集団をリンチにしたのも作戦を練っていたようだし、利恵さんを助けた時のように咄嗟の判断力も抜群。お金の使い方は大胆で、女には慣れている。娘は気づいていないのか。悪徳を自分の正義や、自分だけの麻薬に変えてしまう相当な男だ。
 首を傾げている晴香を見て、ゆう子も晴香を凝視した。
「うーん、だけど、お婆ちゃん、つまりお父さんのお母さんには嫌われていましたよ。それも、母親から見てもよく分からない子供だったから」