「ちょっと聞いている」
「お父さんが天才少年みたいな子供だったから、触るのを嫌がっていたらしい」
「ひどいよね」
「だからね」
 晴香が続く言葉を飲み込んだ。
「なに? 言っていいよ」
「奥原さんや利恵さんを傷つけないか心配でdots
「わたしは大丈夫。友哉さんのことはよく知っているから」