「頼もしいですね。でも、お父さんには別に相応しい女性がいると思うんだ。再婚する気があるならその女としてほしいな。すみません」
「え?」
 晴香がタクシーの窓から、東京の無機質なビル群を見ていた。
「誰?」
「今はいなくなった。お父さんと同じでぶっ飛んでる女」
「どんな関係だったの?」