「ほう。何をしでかしたんだ」
「そのうちに分かりますよ。お酒、大好きで酒乱だし。もっと悪女だと思う。だから1じゃないと思うけどなあ。友哉さんは意外と2です。こらしめるだけではなく、少し罰を与えるレベルです」
「他人や法から勝手に罰は受けないし、正義の味方にもならない」
「だから選ばれた男の人なんですね」
 含蓄のあることを言うが、それを無視し、
「次」と続きを促す。