「その一晩中のセックスで痛くなったり疲れたりしたら、そのリングを使って治してくださいね」
「やらないよ。何かの罠」
「罠じゃないもん。大人だからね。そのうちdots
 頬が朱色に染まる。
line本当に一目惚れをしてくれているのか。悪い気はしないな
 友哉はそう思い、彼女に知られないように微笑んだ。
「あ、友哉さんもブルガリのリングですね。ユニセックスの」