奥原ゆう子は、今日、初めて会った佐々木友哉にひどく緊張していた。
 眠れないのだろうか。何度も彼がトイレに立ったが、その背中を目で追っている自分を止めることができない。
line思ったよりも、ずっと、ずっとかっこいい。しかもなんてスリムで筋肉質なんだ。
「体重は何キロですか」
と、寝る前に訊いたら、「五十六キロ」と答えた。しかし、彼がニットの袖をまくった時に鋼のような腕が見えた。
lineボクシングの練習をしていただけのことはある。