サングラスのアームを口を使い、顔にかける癖があり、それを娘たちの前でもやっていた。しかし、相手が娘だからか似合っていないと思い、ゆう子は夢の映像を思い出し、笑っていた。だが、成田空港で、彼がその癖を披露した時に、ゆう子は女の体の奥が濡れていくことを我慢しなければならないほど、見惚れてしまっていたのだった。
line早く、彼とホテルでゆっくりしたい。