間髪入れずに言うと、
「ご、ごめんなさい」
 ゆう子がはじめて顔を強張らせて、目を伏せた。
「調子に乗ってるね。わたしが友哉さん…先生を怒らせるようなことを言ったらだめだよね。癒すためにやってきたのに。ごめんさない。dotsあ」
 ゆう子ははっとした顔をして、
dots先生はサドだからお仕置きしてください」
と言った。
「どんな?」
「痛いの以外ならなんでもいいですよ」
「じゃあ、痛いのにするよ」