「そうですか。すみません。あの、彼dots友哉先生って、適当に生きてる男の人だから、公然の二股もありえなくはないけれど、ゆう子さんはトップの人気女優で、そちらの方もまあまあ美人じゃないですか。友哉先生は独身なんだから、どちらかと結婚をしたいとか考えてるんじゃないですか」
「結婚?」
 ゆう子と利恵は顔を見合わせた。そしてすぐに、吹き出す。
「何がおかしいんですか」