「ちょ、ちょっとdots
 ゆう子は、冗談なのにまさか怒った? と焦ったが、ベランダに出たのは泣いていたのか、涼子を探しに見に行ったのかも知れないと分かり、体を固まらせた。友哉が仕事のこと以外でこんなに複雑な、どこか悔しいような顔をしているのを初めて見たのだ。
「友哉さん、マジにならないでdots
 利恵も顔色を変えている。その利恵を一瞥して、友哉はなんと手にワルサーPPKを現わせた。