「寝取りの男たちの性病検査は俺がしてやる。顔に精子をつけたまま、街を歩いて、その美貌を軽蔑されながら俺の部屋に来い。その度に百万円やるよ。嫌ならやらなくていい。そのまま消えろ」
「えdots
 利恵がようやく声を出した。
「ゆ、友哉さん、涼子ちゃんがいなくなって利恵ちゃんまで捨てる気? 落ち着いて」
 ゆう子が声を震わせた。
「ごめんなさい。やります。その代わりdots