涼子は、ワインを自分でグラスに注いだ。
「悪口を言って楽しめって言われた」
 利恵がそう言うと、涼子が神妙な目付きになった。そして口の中で、
「変わってないじゃん。イケてる」
と言う。
「え? なに?」
 ゆう子が問いかけると、
「悪口は良くないです」