ゆう子が苦笑いをした。
「うん。ゆう子さん、それにわたしを怒ってたのね。今、気が遠くなるほど反省してる。わたし、宝くじが当たって偉そうにしている奴みたいになってた」
 利恵が慌てて下着を穿きながら言った。
「さっきのプレイ、厳しいけどやるの?」