ひどく落ち込んでいたが、
「そりゃあ、あの二人が悪すぎる。煽ってるようなものだ」
 慰めてくれたのは桜井真一だった。友哉は、涼子がその時にいたとは言わずに、元カノの話をして笑われたと説明した。女優やアイドルに好かれていることを自慢しているようになるのは嫌だった。