「女の子と遊んでるのかと思ったのに頑張るんですね。わかりました」
 桜井は上目遣いで友哉を見て、「悪いね」と笑った。友哉よりも背が高いのに、背中をわざと丸めている。
「奥原ゆう子ちゃんはキャバクラに行っても怒らないのか。一途な片想いといい、昭和の演歌みたいな女だ」
 桜井のその例えに、友哉は大きな頷いていた。
「桜井さん、なんでそんなに腰が低いんだ」
「先生を尊敬してるんだよ」