「その辺りの事情は分からないが、ストレスがあるらしいから、少しは弾けた方がいいぞ」
「あんた、本当にいい奴だな」
「いや、先生さ。顔色がいつも悪いからだよ。銀行で最初に会った時はそうでもなかった」
「うん。副作用なんだ。あんたに説明した薬の」
「それが女と遊ぶと少しは治るんだったら、高級ホテルのスイートルームに美女を五人くらい金で呼んで、一緒にシャワーでも浴びればいいじゃないか」