「うん。他に何かありますか」
「俺の父親の命日で、墓参りに行くんだ。利恵と一緒の話だったけど、嫌われてるかも知れないからね」
「そうなんですか。利恵ちゃんなら大丈夫ですよ。逆に友哉さんに尽くすって」
「利恵がそんなことを? おまえは嫉妬しないのか」
「女が嫉妬する恋愛の次元にいないお方なんでしょ。嫉妬したり、一番を争ってたら、あなたはさっといなくなる。行き先は天空? それとも未来の世界?」