友哉の言葉に、桜井が、
「夢や希望はないとだめだ。それが完璧な夢や希望がダメなわけで、それは認める。先生の言い方が、イエスかノーの二元論になっているから、女の子たちが嫌がるんだ」
と、たしなめた。友哉は素直に頷いて、
「桜井さん、あんた、顔がよければ警視庁で一番もてる男になれるぞ」
と言って、桜井をまたげんなりさせた。