「一言、余計なんだよ。俺は、彼女が戻ってくると信じる。五分五分だ。男はそれに賭ける」
「七、三だ」
「どっちが七?」
「とどまるほう」
「先生よ。あんたみたいにはっきり言う男、初めてだよ。友達もいないだろ」
「目の前にいる」
 桜井は大きなため息を吐いたが、否定しない。