「乗った! なんて価値の高い報酬だ」
 桜井は呆れ返っていたが、友哉は逆に喜色満面になっていた。
「先生は素人マニアなんだdots
 そう言って、男たちに酒を注いでいるキャバ嬢を見た。