軽快にハンドルを切って、公道に出る。
「かっこ良さそうですね。わたしその車に乗ったことがないんです」
 ゆう子が言った。
「敬語はやめろよ。怒ってないから」
「あ、でも、レイプごっこの台本作ったんだ」
「いいよ。無理しないで。あんなのは勢いで言っただけだ。利恵にもそう言っておいてほしい」
「でも作ったんだ。わたし、迫真の演技をするから」