友哉が笑ったのを耳にしたゆう子が、
「嬉しい。毎日会いたいから」
と言った。
「自分の時間も持ったほうがいいぞ」
「自分の時間?」
 ゆう子は失笑した。