ゆう子が孤独な人生なのは知っていた。しかし、これ以上どうすることもできない。ゆう子が口を塞ぐから、過去に何があったかも掘り起こすつもりはない。友哉は何も返事をしなかった。すると、友哉が嫌がったのかと思ったゆう子が、
「重いこと言ってごめんなさい。利恵ちゃんのところにも行ってね。わたしはトキさんからのレンタル彼女だし、利恵ちゃん、優位でやや平等にして」
と言う。