「中国からくる新種のウイルスって友哉さんがなんとかできないの?」
 利恵が真顔で言った。
「できるよ。中国にいるコウモリの洞窟を友哉さんが、PPKで破壊の限りを尽くせば」
「今度、頼んでよ」
「断られるよ。限がないし、人類の自業自得だって言うから。彼、ニホンオオカミの研究してるじゃん。絶滅させた人間が嫌いだからね。ま、そのニホンオオカミといえば…」
「ん?」