だが、ゆう子が、
「呼ぶのは遅くなってもいいかな。利恵ちゃんなら明日会社も休めるし。ちょっと話があるんだ」
と利恵の気勢を制した。
「涼子ちゃんのことか。なんだか重くなりそう」
 利恵が苦笑いをした。
 いったん、シャワーを浴びにいったゆう子は戻ってくると、
「わたしたち、友哉さんをとんでもないくらいに傷つけたかも知れない」