利恵は合点がいったのか、だが、だからなんなの? という目でゆう子を見た。
「言われてみれば。でも、疑惑が晴れたなら大した話じゃないよ。解決した問題」
 利恵がそう言う。
 ゆう子はグラスに半分残っていたワインを飲み干すと、
「友哉さんは、涼子ちゃんが光で洗脳されていたって知らなかったでしょ」
と、少し語気を強めた。