ゆう子は自分に唾を吐きかけるような顔をした。眉間に濃い線が浮かんだ。そして、
「裸族でうるさい女と一億円もらって調子に乗ってる女を笑って見てくれてるのに」
と言った。そして、半ば叫ぶように、
「あのケンカの時、AZを見たら、友哉さん怒ってないの。怒ったふりをしてのお説教よ。おっぱいだけの女優とか言われたけど、それって普段も笑って言ってることで、わたしはなんとも思わない。友哉さんはそれをわかってる」
「実はわたしも濡れた」
 利恵も頷く。