「AZには、無感情すぎるからゆう子さんたちが友哉様を楽しませてほしいって最近、出てきたんだ。なのに、あの時、友哉さん…、わたしたちに何か言おうとした…。涼子ちゃんが帰った後、怒る前に」
「あ、そう言えば…。わたしの名前を口にした」
「もしかするとね」
 ゆう子はまた涙を零した。
「これで利恵ときちんと付き合えるって言おうとしたんだ。わたしの名前も一緒に」