「違うよ。デートしたい願望はあるから、利恵ちゃんに計画してもらおうかなって」
 利恵はいい加減にゆう子の過去を知りたいと思い、難詰していこうとしたがそれを聞いてはいけない運命なのか、またインタフォンが鳴り響いた。
 来訪してきたのは松本涼子だった。
「涼子ちゃん? な、なにをしにきたのよ」