「そ、恥ずかしくてまた絶望するね」
 友哉はくりすと笑い、
「このまま副作用に耐えていれば、パーティー会場でおまえを狙うテロリストかストーカーなんか秒殺だ。わかるか、ゆう子」
とまた声を荒げて言った。
「う、うん、ありがとう。秒殺ですね。じゃあ、二人とも死なないんじゃん」
「俺の話はパーティーの日までに副作用に耐えられるかって疑問だ」