「利恵さんか。うん、そうね。なんとなくわかる」
「なに言ってるの?」
「なんか一日、ぼうっとしてるの。だいぶ、治ってきたけど」
「そうか。一回、頭を打ってるからまた病院に行ったら?」
「利恵さんは大丈夫だったのかな」
「?」
「わたし、テラス席から転落したよ。でも、利恵さんは大丈夫だったというか、いなかったような気がするし」