「仲間にするのはちょっとdots
 ゆう子が拒んだ。利恵は、来るものは拒まずのゆう子さんが珍しいなと思い、しかしすぐに、恋敵として涼子を警戒しているんだ、と分かった。
「あんたはなんでそんなに友哉さんを気にするの?」
 ゆう子の目が据わってきた。
「クレナイタウンで助けてもらったしdots
「し?」