「ちょっと利恵ちゃん。どこかの男とやったとか、今の話とかわたしたちが勝手に知ったらだめな問題ばかりだよ。友哉さんに聞かれたらまずい」
 キッチンに駆け込んで利恵に耳打ちする。しかし、利恵は涼子をきっと睨み、
「その最後のプレゼントをゴミ捨て場に投げ捨てた?」
「きっと部屋にあります。開けてないけど」