「してたよ。あいつが十五の時に結婚することを約束した。子供だったけど、あいつは真剣で、俺は愛に餓えていたからとても嬉しかった。それが事情があって離れることになって、それから四年間、ずっと待ってた。男が待つのは恥ずかしいか。途中会えない事情があった。だけど、あいつはマリーの力の愛だった」
「きっと涼子ちゃんみたいな人が、また現れるよ」
 ゆう子がそう励ますと、友哉はゆう子の右手を握った。