涼子は、混乱が収まらず仕方なく父親の松本航に電話をした。
「どうした?」
 疎遠になっている父親がすぐに電話に出てくれて、涼子は笑顔を作った。
「今日はお母さんは元気にしてる?」
 涼子の母親は寝たきりで、今は父親と妹が世話をしている。