「か、かっこいいしdots
「し?」
「良い小説を書くしdots
「し?」
「頭がいいしdots
「し?」
「もういいよ。ゆう子さん、しつこい」
 利恵がゆう子の頭を雑誌で叩いた。