友哉の目が湿っていて照明の灯りで光っていた。
line泣いてる。友哉さんが…
 ゆう子は自分が驚いている表情を隠すために、母親のような微笑みを作ったまま、息を飲んでいた。涙を流さないのは、彼のプライドか、泣きすぎたから涙が出ない。
line両方だ。もう答えは出た。わたしと会う前に、もう死ぬほど泣いた男性なんだ。記憶の映像は泣いてばかりのシーンはカット編集。そりゃあそうだ。トイレも男性が自分で慰めるシーンも見えなかった。