「え? お、お父さんは反対しなかったの」
「ああ、俺は最初は嫌だったよ。だけど、おまえが佐々木先生のことが好きなんだって泣き喚いていたから、先生と俺と男同士で議論して、お母さんも晴香ちゃんが一緒ならいいっていうから、晴香ちゃんも一緒に温泉や高級ホテルの宿泊をさせてやるようにしたんだ。もちろん、最初は都内のホテルは俺も一緒だったが、高校生になってからは一人で行っていた。俺には分からないがラブラブってやつだ」